ドライヤーで乾かそう

髪をとかす工程が大事

まずは、クシで髪の毛を丁寧にとかしてください。
絡まっている部分をほぐすことで、髪の毛同士が摩擦を起こし、ダメージを与えることを回避できます。
ブリーチが原因ですでに髪の毛が傷んでいる時は、普段よりも絡まりやすいと思ってください。
そのため、このクシでとかすという工程がとても大事です。

お風呂から上がったらすぐ髪の毛をとかせるよう、クシを近くに置きましょう。
またクシがなかなか通らなかったり、絡まったりしている部分があっても力任せにクシを動かしてはいけません。
髪同士の摩擦がダメージに繋がるので、少しずつ髪の毛をとかしてください。
またドライヤーを使う前に、タオルである程度の水分を拭き取るのも良い方法です。
タオルドライをするとドライヤーで乾かしやすくなります。

熱風によるダメージを与えないようにしよう

ドライヤーを至近距離で使っていると、熱風が髪の毛にダメージを与えてしまいます。
髪にとって熱すぎると髪の毛がパサついたり、潤いがなくなったりする原因なので15センチほど離して使うことおすすめします。
髪の毛の上にタオルを被り、タオル越しに熱風を当てるのも良い方法です。
直接熱風を当てないことで髪の毛を保護しながら、タオルとドライヤーによって乾かすことができます。

タオルを被らないで乾かした時よりも短い時間で乾かせるので、ぜひこの方法を活用しましょう。
ドライヤーでは、髪の毛の根元を乾かすことを心がけてください。
毛先ばかり乾かしても、根元が濡れていたら意味がありません。
最初に根元を乾かして、それから毛先という順番で乾かしましょう。


この記事をシェアする