ブリーチダメージを隠す方法

正しいヘアケアを実践しよう

トリートメントを使おう

1回ブリーチをして、髪の毛の色を落とすことで綺麗な色に染まります。
しかしブリーチは、髪の毛に与えるダメージが大きいと覚えておきましょう。
何もヘアケアをしないで放置していると、ダメージが蓄積されて髪の毛の潤いがなくなったり、毛先が傷んだりしてしまいます。
傷んでしまった毛先は見た目が悪いので、ダメージを緩和させる方法を知ってください。
ポイントとしては、トリートメントを使うことです。
この時に必要なのは、洗い流さないタイプのトリートメントだと覚えておきましょう。

髪の毛を洗った後は、ドライヤーを使って乾かすと思います。
濡れたままにするとキューティクルが開いた状態が続き、さらに髪の毛にダメージを与えるので、ドライヤーで乾かすのは良い方法です。
ドライヤーで乾かす前に、クシで髪の毛をとかすことを忘れないでください。
さらに熱風によるダメージを与えないようタオルを被ったり、ドライヤーを離して使ったりしましょう。

普段から、保湿する効果を持っているスタイリング剤を使いましょう。
保湿剤でブリーチのダメージによる、髪の毛のパサつきを抑えられます。
購入する際は、保湿成分が含まれていることを優先してください。
パッケージに含まれている成分が記載されていますが、お店に行くとスタイリング剤の種類が多くて、どれが良いのかわからなくなる時があります。
迷わないよう事前に、美容師からおすすめを聞くと良いですね。
詳しい知識を持つ美容師の意見なら、間違いありません。

ブリーチによる髪のダメージを緩和させる方法

ブリーチによるダメージを気にしている人は、洗い流さないトリートメントを使ってみてください。 トリートメントには洗い流すものと、洗い流さないものの2種類があることを覚えておきましょう。 洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの前に使うのが正しい順番です。

ドライヤーで乾かそう

髪の毛を自然乾燥させることは、絶対にしないでください。 濡れたまま放置するとキューティクルを閉じることができず、乾燥してしまいます。 髪の毛のツヤや潤いがなくなる原因になるので、すぐにドライヤーを使って乾かしましょう。 すばやく乾かすことが、ダメージを減らすコツです。

潤いを与えられる成分

スタイリング剤を使うのは構いませんが、保湿効果が含まれていることを確認してください。 髪の毛をセットしながら、保湿成分で潤いも与えられます。 常に髪の毛に潤いを与えることが、ダメージを減らすと覚えておきましょう。 おすすめのスタイリング剤を、美容師に聞いても良いですね。